業務用超音波洗浄機ならMr Sonic Cleanerにお任せ

【超音波洗浄機についてのQ&A】
Q1. 洗浄機タンクの溶接はレーザーですか?
A1. すべて手作業での溶接となっています。そのため、レーザー溶接と比較すると、溶接部分が分かる場合がございますが、手作業での溶接のほうが強度は増す上に経済的でもあります。
漏れがないよう出荷前に検査しています。

Q2. ヒーター付ですがなかなか80℃まであがりません。なぜですか?
A2. 季節や水温により上昇温度が異なります。
夏季で気温・水温が高ければ80℃まで上昇いたしますが、冬季は気温・水温が低いため80℃に達するのは難しくなっております。
また回路基板が長時間60℃以上になりますと焼損の恐れがあるため、60℃を超えますと温度上昇はとてもゆっくりになるようデザインされています。
デジタルタイプの超音波洗浄機での最も適した洗浄温度は20~60℃となっております
またヒーター機能は洗浄の補足的機能となり、主な部分は超音波となります。超音波も熱を出し、継続的に温度を上昇させます
そのため、ヒーター機能と超音波機能を同時に使用し、適した温度に上昇させるようにするようにしてください
それでも冬季にもっと温度を上昇させたい場合は、注水にお湯を使うことをお勧めいたします

Q3. 騒音はありますか?
A3. 主なノイズは超音波洗浄機が作動している際に発生する音です。洗浄のプロセスにおいて、トランスデューサーが振動することでタンク内の水分にキャビテーションを発生させ、
タンク内のアイテムを洗浄します。
そのため、洗浄パワーが強いほど騒音が大きくなる傾向があります。
また、製品によって使用しているグルーの種類が異なりますが、それによっても騒音レベルに差が生じます。
固めのグルーですと衝撃吸収力が低いため、騒音レベルがやや高めとなりますが、グルーとしての質は良いため超音波洗浄機としての耐久性があります。
使用頻度が高い、または長くお使いになる方におすすめです。
一方、比較すると柔らかいグルーをタンク接着に使用しているマシンもあり、こちらは衝撃吸収力が高いため、騒音レベルは低く抑えられますが、耐久性は固めグルーよりやや劣ります。

【製品以外についてのQ&A】
Q1. 卸売り価格はありますか?
A1. 1回のご注文で5台以上、もしくは定期購入をご契約いただく場合は卸売り価格にて販売させていただきます。
それ以外の場合は、業者様や一般ユーザー様の価格的区別は一切なく、店頭表示価格が販売価格となります。
卸売り価格適用のお客様は別途お問い合わせよりご連絡ください。

Q2. 注文後どれくらいで届きますか?
A1. 製品によって納期が異なります。詳しくはこちらをご覧ください。→納期について

Q3. 請求書/領収書は出してもらえますか?
A3. はい。すべて任意で作成可能です。ご注文後に個別にご連絡ください。PDFファイルにてお送りいたします。
また原書が必要な場合も別途ご連絡ください。

Q4. 故障した場合の補償はありますか?
A4. 初期不良、自然故障、お客様のご使用方法などによる故障など、ケースにより異なりますが、返品や交換の対応をさせていただいて降ります。
詳しくはこちらをお読みください。
また原書が必要な場合も別途ご連絡ください。

Q5. 天地逆で届きました。
A5. 輸送中にトランスデューサー破損ということがないよう、意図的にトランスデューサーを上ににして梱包しています。