超音波洗浄機を周波数でお選びならMr Sonic Cleanerにお任せ

 28キロヘルツ 高重量・高硬度製品のガンコな汚れをパワー洗浄
80キロヘルツ120キロヘルツ 高精密品の微細な汚れを超デリケート洗浄
超音波洗浄機の選び方

超音波洗浄機の選択には、対象物の素材や大きさ・汚れの種類などから、周波数だけでなくその出力や洗浄時間設定・洗浄機能なども考慮する必要があります。 こちらをご参考にお選びください。また必要に応じて洗浄液の使用もご検討ください。

1.周波数を決める(周波数によって洗浄力が変わります)

周波数によって得意とする洗浄が異なります。同じ素材であっても、周波数を使い分けることでより精度の高い洗浄が可能となる場合もございます。 一般的に最も汎用性の高い周波数は 40kHz ですが、Mr.sonic cleanerでは他にも 28kHz ・ 80kHz ・ 120kHz を取り扱っております。 また、2種類の周波数を切り替えてお使いいただける製品もそろえております。

周波数
洗浄力
特徴
洗浄対象
具体例
洗浄力の強さ
28kHz
強力
洗浄力 No,1
機械加工部品・硬質金属加工品・樹脂製品などの油脂汚れ、研磨粉、切粉、頑固汚れ、フラックス、パーティクルなど 工具や車・バイクのピストン、ピストンリングなどのパーツ・金型・鋳物・油圧部品・金属フィルターなど
40kHz
一般的
普及率 No,1
機械加工部品・金属加工品・樹脂製品・ガラス・セラミックなどの油脂汚れ、切粉、指紋、フラックス、パーティクルなど HDD部品・液晶レンズ・トランジスタ・マグネット・金属フィルター・ミシン部品・化繊(合繊)用ノズルなど
80kHz
繊細
& 精密
注目度 No,1
硬質ではない金属部品・精密金属部品・比較するとやや複雑な形状の金属部品やシリコン樹脂部品などデリケートな素材の微細な汚れ、パーティクルなど 半導体シリコンウェハ・精密金属部品・ハードディスク・光学レンズ・CSP基板・ダイオード・光学機器
120kHz
より繊細
& 精密
優しさ No,1
硬質ではない金属部品・精密金属部品・比較するとやや複雑な形状の金属部品やシリコン樹脂部品などよりデリケートな素材の微細な汚れ、パーティクルなど 半導体シリコンウェハ・精密金属部品・ハードディスク・光学レンズ・CSP基板・ダイオード・光学機器

・周波数の数値が低いほど洗浄力が強くなります

・洗浄力が強いほど洗浄アイテムに与える衝撃が大きくなるので、周波数の数値が低くなるほど作りがシンプルで頑丈なアイテムの目に見える頑固な汚れ向き、周波数の数値が高くなるほど衝撃が少ない分、精密でデリケートなアイテムの汚れ向きとなります

・ 80kHzは、40kHzでも衝撃が強い場合に比較的洗浄力が強いので最近注目されています


※ No,1表記は当社製品を比較した場合です

※ 洗浄液の種類や付属機能によっても落とせる汚れや効果が変わってきます

※ 周波数について詳しくはこちら


2.容量を決める

・洗浄したいアイテムの大きさ・数によって超音波洗浄機の容量を決めていきます。Mr.sonic cleanerでは、3ℓ ~ 135ℓ の超音波洗浄機を用意しております。


・洗浄液は一定量を満たしていないといけないため、超音波洗浄機が大きくなるほどその分の洗浄液が必要になったり、設置スペースが必要になります。洗浄したいアイテムの大きさや量に合わせた小さすぎず大きすぎない洗浄機を選びましょう


・6ℓ以上の超音波洗浄機には排水バルブが付いています


3.必要な付属機能を決める

・タイマー・ヒーター・パワー調節・デガス・スイープ・業務用 があります


・付属機能について詳しくはこちら


4.その他

・歯科用品の洗浄におすすめの超音波洗浄機はこちら

・レコードの洗浄は、EP・LPが一度に3枚・5枚を洗浄できるレコード専用超音波洗浄機があります


失敗しない超音波洗浄機の選び方